若者とつなぐ役目

宮崎猛志40代男性

震災時居住地:東京都

現居住地:東京都

タグ: 岩手 宮城

2011年3月下旬以降、丸1年
宮城県石巻、南三陸、多賀城、女川、東松島、気仙沼、岩手県大槌、陸前高田
一度きりの物資配送や作業技術指導もあれば、ベースを置いての長期滞在地もあった。
2012年4月以降は宮城県山元町
今も毎年大学生を引き連れ、訪れ、地域の方々と過ごす時間をいただいている。
昨年の3月11日は、新型コロナウィルスの影響で、震災後初めて東京で過ごした。こんな形で東北に行けない1年が訪れるとは。
年を重ねたら、行けない年も増えていくのだろうが、2011年以来の東北での活動が、心の中で色あせることはないのだと思う。
今年は、当時小学生だった大学生たちを連れ、伺えたらと思っている。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。