あの時・・・

みいちゃんママ40代女性

震災時居住地:宮城県宮城郡七ヶ浜町

現居住地:宮城県宮城郡七ヶ浜町

タグ: 宮城 地震

自宅に居る事しかできない事が、ただただ不安で、もどかしくて何かできないかと、当時中学生だった娘と「すぱーく七ヶ浜」へ行ったのは、震災から3日目。沢山の物資が次々に運び込まれている事と数人の中学生の女子達が仕分け作業している事にハッとさせられました。

数日で全国から届けられる物資の多さ、素早く指示して下さる係の方。お役に立てるのなら、そんな思いで数日間手伝わせていただきました。

名古屋から来て下さったというレスキューストックヤードの方の話しでは、「震災後直ぐに七ヶ浜で必要としている事は何か調査し、被災しているにも関わらずボランティア活動をしている中高生へ食事の提供をしています」ということと、「名古屋が水害に遭った時に七ヶ浜町から助けられました」ということでした。「お母さんもどうぞ」と恥ずかしながらも私も一緒にいただいた「さつま芋ご飯」は忘れられません。

娘、息子は学校が再開するまでの間、日課のように活動させていただきました。
サポートして下さった関係者の皆様へ心より感謝致します。
あれから、十年ですね、これから先は誰かの為に、私が出来る事行っていきたいです。
ずっとずっと穏やかな海でありますように。