被災地、被災者であることからの解放

藤野 健司50代男性

震災時居住地:東京都府中市

現居住地:東京都府中市

もちろん、10年前に起きたことについて、忘れず、継承していくことは大事だと思っています。でも、被災地、被災者ということをずっと背負って生きていらっしゃった方々に対して、その重荷を下ろしていただくこともこれから必要になってくるのではないかと思います。単に3月になったら、震災震災というのではなく、東北の、そして関東の(私は千葉県や茨城県、東京都でも被害や亡くなった方が出たことを忘れません)人々とどうこれからの社会を作っていくか?東北が、関東が魅力のある地域にしていけるかを考えていきたいと思います。