ただの通過点。されど特別な日。

いつも斜に構えてすみません。50代男性

震災時居住地:福島県双葉郡富岡町

現居住地:東京都

タグ: 福島 広域避難(原発事故を原因とし福島及び福島以外から広域に避難されている方) 原発事故

10年。節目と言われるけど、ただの通過点。じっと時を待っていれば良くなるというわけでもなく、動けば厳しい現実と向き合わなければならない。嫌だと言ってもこの震災・避難の経験が消えるわけでもないし。
避難元にあった家は解体除染して、土地は更地となるなど避難元と繋がれる「スイッチ」は限りなく少なくなった。でも自分の記憶の中には息づいているが、年々おぼつかない状態となりつつある。
思い返せばいろんな人との出会いの10年だった。多分いろんな思惑があったのだろう。交わす言葉はあるけれど、意思疎通ができたと感じられない人は少なくなかった。それでも多くの支えを頂いたことに感謝している。それは今の自分という存在の証でもあるから。
社会的な節目は毎年やってくる。その時に自分自身の“思い”が晴々としていて欲しいと願うばかりだ。まだ「願い」って言っている時点で、かなりの時が必要な気がしてきた。

一度、日常が壊れると本当に時間がかかるものです。喉元過ぎれば熱さを忘れるとは言われるけど、忘れたころに災いはやってくるとも言います。いつも気を張って生きるのは辛いけど、この時だけでも、地震、津波、原発事故のことを考えて見て下さい。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。