遠く離れても

笠井たろお40代男性

震災時居住地:東京都

現居住地:岐阜県中津川市

タグ: 岩手 宮城 福島

2021年の今日14:46。私は岐阜でサイレンを聞きながら黙祷した。

収束、ということばと共に事業規模が年々小さくなり、被災地支援担当者でも団体職員でもなくなり本当に悔しかった。

今は、とまと農家に転身し、一見何の関係もない仕事をしているように見えるだろう。しかし、移住した地域でも、今後何かしかの災害は起こりうる可能性はかなり高い。その時に、自分にはできることがある。

「今まで、こんなことはなかった」という災害が残念ながら年々増えている。でも、3.11の経験があるからこそ、被災地の方も、被災地以外の方もいまできることがあるし、もし何かあったとしても必ず乗り越えることができるはず。