まちづくりの信念は揺るがない

足立千佳子50代女性

震災時居住地:宮城県仙台市

現居住地:宮城県仙台市

タグ: 宮城 地震 津波

震災の一週間前に、岩手・宮城内陸地震の爪痕を見に行った。その直後の震災だった。震災が起きて考えたのは、動ける間に、悔いなく動こうということ。10年がたち、活動を振り返ってみると、震災前からは想像もつかないぐらい全国各地に出向き、人に会い、活動していた。
震災前から地域づくりにずっと関わってきた。あの日を契機に、働き方や街並み、人や環境は大きく変わったけど、地域の資源、そこに暮らしている人たちが主人公だという地域づくりの本質は、今も昔もなんら変わらない。海の暮らし、浜の暮らしを伝えていくことが大切で、伝えていくための具体の事例も作ることができた。長くまちづくりに関わってきた人生は、東日本大震災のためにあったとすら思っている。
この10年で、震災前からつながりのあった人、つながりのなかった人も含めて、いろんな人に出会いなおしをしていると感じている。これまでに出会った人、その方々とのご縁、動いて出会って、助け合って、今がある。
10年で腑に落ちたのは、地域づくりには、地域の暮らしの記憶、それを伝えるための手段が大事だということ。地域のお母さんたちと一緒に歩み続けてきて、改めて実感している。