つらいことも多かったが楽しいこともあった

匿名希望70代女性

震災時居住地:福島県双葉郡富岡町

現居住地:福島県郡山市

タグ: 福島 原発事故

色々な人との付き合いができたし、助けてもらった。経験できないこともできた。富岡にいたときは仕事ばっかりで、家族や特定の友達以外の人と会うことはあまりなかったが、震災になって避難してから、大勢の人と知り合った。
こっちに来てセンターに通うようになってからの方が楽しみも多くなった。色々な経験をした。子どもたちからは「お母さんフラダンスしているの?」と驚かれた。みんなとの交流があるから、そのときだけでも忘れられる。一人になるとまた考えてしまうけど。それが楽しみの一つにはなっていた。
こんなところに来てどうしようと思ったけど、ずいぶん慣れてきた。富岡にいれば野菜とか色々やることはあるけど、ここは何にもない。みんな家から出ない。毎日散歩をしていると郡山の人も散歩していて、毎日会うから顔見知りになって話もするようになった。だけど、家に一人でいると話す相手がいないから、なんとなくさみしいような不安のような気持ちになる。何かあったときどうしようと考える。
富岡に行って泊まって帰ってくると、夜はぐっすり眠れる。早く家を建てて欲しいと頼んでいるんだけどね。