ボランティア活動を通じて

木村 春彦50代男性

震災時居住地:東京都目黒区

現居住地:東京都目黒区

2011年11月に釜石にボランティアとして、瓦礫の撤去や被災者の心のケアの活動をしました。あまりにもショッキングな経験で、帰郷してからも気持ちの整理に時間がかかったことを覚えています。その後も毎年震災ボランティアに参加し、復興する姿を見てきましたが、まだまだやらなければならないことが沢山残っていると感じています。お力になりたいと思っています。また、ボランティアを通じて、自分にも気づきや学びをいただいています。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。