大事なこと

40代男性

震災時居住地:岩手県宮古市

現居住地:岩手県宮古市

タグ: 岩手

震災時はまったく先行きが見通せず、毎日が不安続きで前を向いて生きることに精いっぱいだった。その時々に感じた「大事なこと」を優先して、ただただがむしゃらに動いていた分、あれこれ考えたり悩んでいる暇はなかった感じ。

震災後~時間の経過とともに当時の記憶が薄れ、もう戻ることは無いかもしれないと思っていた「平穏な日常」に少しでも近づいてきているような感覚に陥っていた。「平穏な日常」に近づけば近づくほどに、震災当時一番「大事なこと」と感じていたことが意識の陰に薄れ、あれこれ余計に考えたり悩んだりすることが増えたような気がする。

10年は、今思えば本当にあっという間。その間にも本当にいろいろあり過ぎた。あらたな災害に遭ったり、社会情勢もいろいろと激変したり、「平穏な日常」の定義すらわからなくなる混沌とした時代。

震災を経験したこどもも今は大きくなった。昨年はまたあらたに家族が増えた。この子たちの生きる未来はどうなっているんだろう?一番伝えたい「大事なこと」ってなんだ?日々精一杯生き「答え」を見つけ共有していけたら、と思う。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。