原発事故がなければ住んでいられたふるさと

E70代女性

震災時居住地:福島県双葉郡双葉町

現居住地:福島県いわき市

タグ: 福島 原発事故

避難しなさいというのは、今も追い出されたという気持ちを持っている。悔しさは原発。事故がなければ住んでいられた。今も東電が許せない。憎い。震災がなければ今も働いていたと思う。まだ働いていた年齢だった。友達や同僚ともバラバラになり、交流ができていない。人生一度の家だと思って家を建てたのに帰れない、でも家はある。アパートは隣近所に迷惑かけるかもしれないと思って、深く考えずにいわきに家を建てた。今は前向きな気持ちで住もうと思っている。