とどまりつつ、次に

たく30代男性

震災時居住地:大阪府高槻市

現居住地:大阪府高槻市

亡くなられたかた、苦しまれたかた。あんなものがなければと、本当に多くのかたが思われたことだろう。そこに心を寄せ続けている。同時に、人が生み出したもののために苦しむかたもおり、それを私たちの手で変え、次の苦しみをやわらげ得ることにも気づいている。日常にかまけ、思うように動けないことも多いけれど、これからもあくせくしたい。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。