10年経ったら全てが終わったの?

たらこ50代女性

震災時居住地:福島県いわき市

現居住地:福島県いわき市

タグ: 福島

東日本大震災は、地震と原発事故。
災害の備えに甘さがあった自分を大きく反省した。避難所では情報も入らない…
少し時が経ち、周りから様々な事実を聞かされた。「いわきも線量計の針が振り切れていた」と聞いた時は一瞬頭を殴られた感じで、子供を守れなかった事をとても後悔した。
話したくても話せないことが沢山あった。また、話しても相手に伝わらない事が多くあった。
原発事故後に全てが変わってしまった。何かを決めるにもいつも迷いがある。答えが出せない。

あれから多くの人との出会いがあった。共感し支え合い一緒に歩んで来た仲間たち。出会いは宝物。

2011年。学校で子供に心ない言葉をぶつけてきた子がいた。「福島第一原発で生活すればいい」ってなぜ?そんな事を…
福島の現状を正しく知って欲しい。
無関心無理解は子供たちを苦しめる。
子供たちの未来を守るために私は聞く知る調べる伝える事を諦めない。

あの時から10年経っても有るものは有る。決して目をそらさない。守るべき大切な物は何でしょう。
今、福島の中でおかしい事が沢山ある。どれだけの人が気づいているのか…復興とは何?今も問題は変わらないのに…

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。