語り継ぐことの難しさ

川崎杏樹20代女性

震災時居住地:岩手県

現居住地:岩手県

タグ: 岩手 津波

私はいわゆる「語り部」を仕事にしています。たくさんの方へ震災についてお話しをさせて頂いていますが、いつも語り継ぐことの難しさを感じます。震災から10年が経とうとしている今、後世に語り継いでいくためには伝承の形を変えていく必要があると思います。震災を知らない子供たちが大きくなってきている今、震災をどのように伝えていくのかというのは学校でも大きな課題になってきているかと思います。ありのままを伝えすぎてもトラウマになりかねない、やんわりと伝えても災害の恐ろしさをしっかりと伝えることが出来ないといった課題があります。大人の方々に関しても、報道などで得た知識が震災そのものととらえてしまっているというのも現状です。そういった中で、自らの経験をお話しさせて頂いても、どこか他人事で、「伝わっていない」と感じることは多々あります。それでも、伝えることをやめたいとは思いません。自分が語り続けることで、だれかのいのちを救えるかもしれない。そう信じながら、これからも工夫し続け、語り継いでいきたいと思います。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。