あの日の体験から今思うこと

鈴木啓介20代男性

震災時居住地:宮城県塩釜市

現居住地:東京都

タグ: 宮城

船で中学校の卒業式から帰ってきて、来月には高校生になるんだと期待を胸にワクワクしていた気持ちが一瞬で不安になったことを覚えている。あれから10年、今考えればあの日がなければ出会えなかった人がたくさんいるし、今の選択肢は取れてないと自信を持って言える。あの日の体験が、自分の考動を、出逢いを変えてくれた。
時を重ねるにあたり、あの体験が少しずつ自分の中で風化してしまっている部分もあるのは事実。だけどあの時に助けの手を述べてくれた世界中の方々に次は自分が恩を返す時。
10年という節目の年、小さくてもいいからアクションをしていこうと思う。東北のものを買う、会う方々に東北の話をするそんな小さなことからでも貢献ができるはず。
改めて振り返る機会をいただいたからこそ
今年は一歩踏み出す1年にしたい。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。