生きてこられた事に感謝

みずちゃん40代女性

震災時居住地:福島県富岡町

現居住地:埼玉県

タグ: 福島 地震 広域避難(原発事故を原因とし福島及び福島以外から広域に避難されている方) 原発事故

 10年を振り返ると、まず10年を生きてこられた事への感謝が出てきます。
 あの日の地震と原発事故により、育った地域は私の中では遠くなってしまいました。けど、新しい地域で同じ気持ちを抱えた母親たちとつながれる支援を受け、新しいコミュニティーができました。方言を気にせず語り合い、ふるさとの思い出を語り合えました。娘から妻・嫁・母親になっていく、心と体の変化を受け入れ合いながら、震災のストレス・虚無感・悲壮感なども、語らうことができました。理解し合える仲間が今もいること、支援してくださった方々に感謝しています。
 原発事故後の放射能への恐怖・不安感と、今のコロナ渦の様子は似ているように感じています。あたりまえがなくなり、未知のものへの恐怖感・不安感など。放射能不安渦の中で生きている私に、今はコロナ渦もやってきました。けど、変わらないものは、母親である私は子どもを守りたいという気持ち。正しく恐れて、多すぎる不安感を持たないようにして、子どもに接していきたいです。
 どうか、また10年後に生きてこられた事へ感謝できますように。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。