いつの間にか10年

3月11日後、福島に住む親戚に連絡がつかなくなり、消息がわかるまでとても不安だったことや、街を飲み込む津波の動画に驚いたこと、電車がストップしてしまい、暗闇の中をぞろぞろと歩いた怖さをよく覚えています。
私自身は、その後被災地支援や避難者支援に携わりました。
津波で今まであった景色が、一夜にして無くなってしまった様子、雨の日に「おばけ(放射能)が怖くて出れない」、「何にもなくなった」という言葉、さまざまな人の機微に触れる機会がありました。
 また、被災された方ばかりではなく、友人の中には、東京を離れて子育てすることを選ぶ人もいれば、現地でNPO法人を立ち上げて活動し、結婚する人もいました。
 このように、さまざまな人の人生に影響を与えたにも関わらず、その後に起きた自然災害も影響しているのか、関わる人以外で話題にする機会は減ってきたように思います。
当時何が起きたのか、そのとき何を感じたのか、またその経験からどんな学び(知識・技
術)があったのか等、どのように東日本大震災の「記憶」を残し伝えていくのか。「記憶」を「文化」「歴史」にするために何ができるのか、この機会に考えていけたらと思います。