火葬の時に出会った人との縁~新品の長靴~

おかちゃん60代女性

震災時居住地:岩手県

現居住地:岩手県釜石市

タグ: 岩手 地震 津波

まずは、みんなに感謝だね・・・。ずいぶんと家が建ったね。自分は普通かな。息子が結婚したけどね。今の活動は、仮設の集会所で遠野の人たちからつるし雛を教えてもらったのがきっかけ。お雛様を作って、ひな祭りをしたのが始まり。

漁村センターでやっていたけど、それが、今年で終わりになる。ホントは集まりたいけど、集まる場所がない。初めは人が結構いたけど、今では5人ぐらいになったから仕方ないのかね。

震災当時のことと言うと、火葬するところがなくて、うちは秋田県の大仙市まで行って火葬してもらったのよ。その時に出会った人たちのことが忘れられないね。『何にもないけどご飯はある』『風呂は?』って、気さくに聞いてくれてね。ご飯食べて寝るところ、健康ランドみたいなところを世話してもらったよ。私が履くものなくてサンダル履いていたら、そこの母さんが『私が履いていたのだけど』って新しい長靴をくれたのよ。どう見ても、新品なのにね。
帰りもガソリンがなかったから、スタンド中に問い合わせしてたりね。それがそのあと、ご縁が繋がってね。根浜の慰霊碑を建てる時に、また訪ねてきてくれて、その時再会したよ。熊本の災害とか見ると思い出すよね。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。