終わらない宿題

50代男性

震災時居住地:東京都

タグ: 岩手 宮城 福島

発災直後から約4年間、NGOの立場で東北3県でのに支援に関わった。圧倒的な被害を前にして、無力感から始まった。「もっと準備しないといけなかった・・・」
一方で、支援活動を行うにあたり、多くの人たちとの出会い、多くの人たちからの支えがあった。
当時の支援の経験が次の災害への「備え」に活かされているか?まだまだできていない課題の方が多い。大規模災害への対応を考えるうえで、東日本大震災で支援に関わった時の教訓を決して忘れず、今後の災害対応にあたっていきたい。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。