伝えていくこと

岩城一哉30代男性

震災時居住地:埼玉県

現居住地:岩手県釜石市

タグ: 岩手 地震 津波

震災から10年経とうとしています。
当時埼玉に住んでいました。
埼玉でも毎年3月11日が近づくと、あの時の災害を思い出します。
しかしそれは一過性であり、年々あの時の出来事が薄れているのがわかりました。
今岩手県に住み、復興の歩みを目の当たりにしています。「10年」という月日は分かりやすいですが、実際の区切りではありません。
まだまだこれからが復興なんだということ、過去のこと、未来のことを伝えていくということが大切ですし、自身や周りの人を守ることにつながることになるのだと思います。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。