今を生きる

にきはっぱん40代女性

震災時居住地:東京都世田谷区

現居住地:愛知県小牧市

タグ: 地震

震災後ボランティアとして東北のみなさんや支援されている人々と関わることになり、たくさんの笑顔や寂しさや、人との繋がり、地域としての思いの一部を分かち合った。楽しいこと、後悔すること、過去にさかのぼってやり直すことはできないけれど、今を強く生きることの大事さを、日が経つほどに感じている。

今は私自身の地元で経営者として働いている。10年前はわからなかった父母の思いや従業員のみなさんのこと、地元のみなさんのこと、それらに気付くきっかけを、震災後の経験からいただいた。
その出来事は、私とみんなをつなぐ橋のように感じている。

これからもみんなと助け合いながら、どんなときも今を生きていきたい。