振り返りではなく、検証の10年でした。

けんた50代男性

震災時居住地:千葉県

現居住地:千葉県

タグ: 地震 広域避難(原発事故を原因とし福島及び福島以外から広域に避難されている方) 原発事故 津波

阪神・淡路大震災から四半世紀が経ち、様々な経験が積み上げられたにもかかわらず、10年前の東日本大震災の悲劇は起きました。

これまでのように「災害を振り返り、学び伝える」「復興する」一辺倒ではなく、「災害に向き合い、創造し、変革する社会を育む」時期に入ったと思っています。

とくに子供たち若い世代に、次にやってくる大規模災害に向けて「体験を語る」から、「防災・減災への取り組みを語る」ことに軸足を移して、「考える力、助け合う想い」を伸ばし、悲しみを増やさないような次の10年にしたいです。
これまでの活動、災害伝承や防災教育の在り方を自分なりに検証して、そのための「防災・減災教育」を学びなおしています。また一からのスタートです。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。