「10年」

渡部誠也20代男性

震災時居住地:福島県いわき市

現居住地:福島県会津若松市

タグ: 福島 原発事故

東日本大震災、福島第一原子力発電所事故から10年の月日が流れて感じる事は、10年の月日が流れる早さです。 震災当時、中学3年生だった私も今では社会人として働いています。この10年間の間1度たりとも当時の恐怖心、焦燥感などの負の感情や考えを忘れたことはありません。 きっと、これからも忘れることはないでしょう。
それでも、今日も元気に生きています。
そんな私は県内の大学に進学し、震災当時の人々の感情、考え、行動を後世に繋げるべ く、「震災及び原発事故の教訓を伝える」をテーマに研究を進めていました。研究では教訓を伝える側の課題を解決する必要があるとの立場で結論を出しており、その結果を受けて私は行政の人間として働いていく覚悟を決めました。
結果として、私は会津地方で公務員として働いていますが、ここで震災に対する考え方 のギャップに驚かされています。
今後は、会津地方においていかに震災及び原発事故の教訓を伝えていくべきかを頭の隅 に置きながら日々の業務に取り組んでいこうと思った今日この頃です。