自分のこととして考える

ももわ50代女性

震災時居住地:兵庫県

昨年からのコロナウィルスはあっという間に国内全域に影響を及ぼした。緊急事態宣言が発出され、国民皆が行動を制限され、普段からの行動を見直す機会になった。私は阪神淡路大震災を経験した。強い揺れがおさまり、情報を得ようとTVをつけたが普通に放映されていた。外に出ると別世界になっていた。それから数年後にまた震災が起きた。同じ経験をしているからこそわかることもある。同じ経験をしていないけれども自分ができることはたくさんある。考えることはできる。それぞれに。