感謝!感謝!

赤石友子50代女性

震災時居住地:岩手県滝沢市

現居住地:岩手県滝沢市

タグ: 岩手

私は、内陸の社会福祉協議会・生活支援相談員として被災された方々と関わって参りましたが、震災から10年を迎えるこの3月で被災者支援が終了になります。数字的には節目となりますが、被災者の方々の想いはそれぞれで
「いつまでも被災者ではいられない!前を向くしかない」
「俺たちはいつまでも被災者だ。故郷に戻りたくても戻る場所がない」
「被災者と知られたくないからひっそりと暮らす」
この思いは内陸で暮らす私にはわかるはずがない。わかるなんて簡単に言えない。
私があの震災で思い出すのは、停電やガソリン不足など・・
しかし娘さんを亡くされた女性から言われたのは「こっちの人は、あの時はこうだったと過去形でしょ?でも私はあの瞬間から今も続いている」と言われたときから、私が震災時の話をすることはやめようと思いました。
10年。
この仕事に携わることが出来て感謝!
私を受け入れてくれた被災者の方々に感謝!
震災がなければ知り合うことがなかったでしょう。
ご縁に感謝!
内陸に避難して来られた方々が
心穏やかに過ごされますよう
お祈り致します。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。