生き続ける勇気

foominnh60代女性

震災時居住地:兵庫県神戸市

タグ: 地震

 3月11日、神戸のとある医療機関に勤務中大阪で研修中の夫から、「逃げろ」の電話。驚く間に、先輩が駆け込んで来て、「関東、東北地方が大変なことになってる。家族は?お友達は?すぐに連絡して。。。」まだ訳がわからず、ロビーに出てテレビから流れる映像。そのまま、神戸のあの日が蘇り、なす術もなく呆然とただ呆然と映像をみ続けていたその自分の姿が頭に残っています。関東に住む「次男と連絡が取れない」と長男からの悲痛な声。「ただ生きていて」と携帯を握りしめ祈ることしかできず無力な自分をまた感じ愕然としました。
 院内では 対策室が立ち上がり、Dマットが派遣されることとなり、職場一帯に緊張が走りました。
 多くの方が雪舞う寒さの中、揺れる地面、押し寄せる津波、恐怖と共に過ごされた時間だったことと思います。今もまだその中で過ごす動かない動けない心と共に生きて居られる方もおられるのでは無いかと。10年、もう10年、まだ10年と人それぞれの思いをお持ちだと思います。
 私の中のあの恐怖は消えることなく、またあの思いを持っているからこそ前を向き、生き続ける勇気を持とうと、そんな日々を送っています。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。