ありがとう。明日への一歩に

よりみちそばみち 田中正道40代男性

震災時居住地:岩手県上閉伊郡大槌町

現居住地:岩手県上閉伊郡大槌町

タグ: 岩手

東日本大震災。生まれ育った町が一瞬で消えた。
憎いし、悔しいけど、でも、おれは生き延びた。生かしてもらった。
せっかく俺たち生き延びたんだから、自分自身、家族、自分のまち…を大切にしないといけないから、
もう前向いて歩いていくしかない。

震災があったからこそ、沢山の人に出会わせてもらった。それが今の俺の財産になっている。
自分を変えてくれたし、とにかく前を向くことができた。

震災の時の話が聞きたいって言われたら伝えていくし、それが生かしてもらった俺らの使命の一つ。
でも、俺は俺のスピードで進めていく。
3.11というよりも毎日の日々の生活が大事で。。。
今はお袋と一緒に蕎麦屋をやらせてもらっている。
大槌は目的がないと寄らない地。観光資源も少ない。だからこそ、沢山の人が来る、目的の一つにこの蕎麦屋がなればいい。
ここで沢山の人への感謝と、大槌の未来について語りたい。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。