前向きになれたが

ヤッチ50代女性

震災時居住地:福島県双葉郡富岡町

現居住地:神奈川県

タグ: 福島 地震 広域避難(原発事故を原因とし福島及び福島以外から広域に避難されている方) 原発事故

福島から神奈川に来て10年。震災当初は一時的に居るつもりで住んだアパート。もう大学生の息子達と暮らすには窮屈過ぎる2DKの間取りが一番長く住んでいる家になる。 10年前は、日々悲観的になり、故郷を思い出し毎日泣いてばかりいた。離れて暮らす夫ともギクシャクしはじめ、息子達に辛い思いを随分させてしまった。やっと前向きになり始めたのは震災から4年目位から。この場所に慣れ、心許せる友人も出来、少しずつこの場所が好きになり、外に出掛けられるようになると自暴自棄だった息子達の様子も変わりはじめ、其々の目標を見つけ、それに向かいはじめた。最悪から始まり失った物が多い震災だったが、多くの人の優しさに触れ、得たものの方が多いと思えるまでになってきた。そんな今も、いつかは故郷へ…と思う自分もいるが、思い出の中の故郷と変わり過ぎた町並みを比べ複雑な気持ちにもなる。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。