忘れてはいけない

40代男性

震災時居住地:大阪府

現居住地:大阪府

自分はこの出来事で身近な人を亡くした訳ではないけれど、妻と共に、当時まだ産まれたばかりの息子を抱えながら連絡の取れない親族に不安を募らせていた事を改めて思い返します。
多くの方が悲しみに包まれ、その中でも希望を見出しながら生きていることを、僕たちは忘れてはいけない。

どうしょうもなく辛いことがあっても、人は生きていかないといけない。いま、自分に何ができるのか、改めて考えたいと思います。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。