1,000キロ離れたところから応援しています

藤井節子60代女性

震災時居住地:香川県高松市

現居住地:香川県

2011年8月に初めて復旧活動(岩手県)に参加してから東北は私の第2の故郷のようになっています。宮城山元町の仮設住宅で、「遠く離れた私たちに何かできることはありますか?」と聞いた時に「私たちの事を忘れないでください。私たちのところにきて下さい。」と言われたことで、訪問活動を継続しています。2020年はコロナ禍で一度も行けなかったことが残念でなりません。離れていても、いつも想いを馳せています。これからも「また来たよ-」ってお邪魔しに行きたいと思います。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。