今私たちにできること

かずけい10代女性

震災時居住地:東京

現居住地:東京

タグ: 広域避難(原発事故を原因とし福島及び福島以外から広域に避難されている方)

10年前の東日本大震災、私は当時、家の中にいました。とても大きい地震で、外に避難し真っ直ぐ立っていられず、いつ訪れるかわからない、地震の怖さを感じたのを覚えています。私は祖母が福島県の被災地で幼少期に育ったことを聞き、東日本大震災の被災された方々、被災地が自分事であるように感じました。
今までは募金をするだけで、募金以外に自分に出来ることを親身になって考えることができませんでした。
私は今、灯篭流しでメッセージを書くボランティアに参加しました。私は先生が言った一言にとても驚きました。今年4月10日以降には被災者への支援金が貰えなくなる。ということでした。
私はコロナ禍で、マスメディアやSDGsから様々な社会の現状を学ぶ機会がありました。そしてそれを親身になって考え、自分に出来ることを考える機会を得ました。
今私に出来ること。
この機会を大切にし、被災者の方々に思いを馳せて私に出来ることを考えていきたいと思います。