「地元が好きということ」

東谷いずみ20代女性

震災時居住地:岩手県

現居住地:岩手県

タグ: 岩手

10年前、私は大槌高校の2年生でした。実家は全壊でした。その時は。何もできなかった無力感がありました。町に対して何もできなかったのです。その時、10年後何かしらの専門職などの資格を取って、町に貢献したいと思いました。

今は、大槌町であり、釜石であり、何かしらのアクションをとっている。
当時思っていた方向とは違うけど、ちゃんと貢献の道に進んでいるのかな?と思っています。

自分の町が好きだなというのが、10年経って思うこと。

10年経って町の変わる様子を見てきて、自分の町に対する思いが強くなっているのを感じます。一番好きなところ?何かを思い出せる場所がある、ということですかね。懐かしい、思い出が残っている場所があるということです。自分のことを知ってくれている人が多いことも安心に繋がっています。他ではない、そこが強みだと思っています。

 

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。