セピア色に色あせない想い・・・

さといわ60代男性

震災時居住地:神奈川県

現居住地:神奈川県

タグ: 宮城 広域避難(原発事故を原因とし福島及び福島以外から広域に避難されている方) 原発事故

あの日、わたしは会社の総務部長でした。正直あんなに大きな地震そして原発事故、十分な備えをしていた会社は少ないと思う。その後数カ月は災害対策に追われる日々。被災された方々に何かしてあげたい、でも何もできていない、そんな後ろめたさを抱えて過ごしていました。
8月を過ぎたころ、写真救済プロジェクトに参加しました。泥だらけの写真を手にしながら、この方は生き残ったのだろうか?いまいくつなんだろう?いまをどこでどんな暮らしをしているのだろうか?いろいろな思いが浮かびます。一生懸命無心に手を動かしました。それで後ろめたさが消えるわけではないのに。
あれからあっという間の10年。あの記憶をセピア色に色褪せさせてじゃいけない。毎年3月11日を必ず思い出し、地震への備えとか被災地を訪問したりとか原発問題を考えたりと、何か自分にできることを少しずつでも続けていきたい、10年後も。

ことばを送る

「3.11から10年となる、いま思うこと」について、あなたの声をお聞かせください。